賢いのは銀行でお金を借りること

住宅の購入を検討したり、自動車の購入を検討したり、人生の中でも大きな買い物をするとき、自分の資金だけで購入できない人がほとんどです。

そんな人たちのために、ローンがあります。

 

お金を借りる方法は様々ありますが、低金利であればあるほど魅力的です。
また、信用性が高く、信頼できるところであることは絶対条件です。
信頼性の高さでいえば、銀行、信販、クレジットカード会社、大手の消費者金融などが挙げられます。

 

昨今消費者金融も、大手バンクを中心としたフィナンシャルグループの傘下に入り、信用性が高まっています。
この中で、最も金利が低いもののひとつが銀行です。
銀行では、住宅ローンや、用途自由のローンなど、多様な種類のローンを提供しています。
信頼性が高いのはもちろんですが、消費者金融等と比べて金利が低いのが魅力的です。

 

特に金利が低いのは、ネット銀行です。
大手の窓販のローンと比べても大きな差があります。
借入額が多ければ多いほどネットの方がお得です。
もちろん、これらは金利が低い代わりに、審査が厳しくなっています。
現在の借り入れ状況や収入状況、負債・資産など詳細に情報収集され、場合によっては審査に通らない可能性もあります。
審査に通っても、借り入れ可能金額が低くなる可能性もあります。
一般的に、借り入れの金額が大きくなればなるほど金利は下がっていくため、少額の借り入れだと、銀行の利点を生かせない可能性もあります。
逆に、少額の借り入れですぐに返済できる場合には、金利が多少高めでも、手続きなどがかんたんな、クレジットカードに付帯されているキャッシングサービスを利用するのも一手です。

賢いのは銀行でお金を借りること|お金を借りるならどこがいい?関連ページ

銀行カードローンは利便性の高さも向上しています
銀行カードローンの評価について