金融機関でお金を借りたいけど限度額はあるのですか

金融機関でお金を借りたいけど限度額はありますか?

銀行か消費者金融からお金を借りたいと思っていますが、この場合いくらまでしか借入ができないという、限度額のようなものはあるのでしょうか。
結論からいえば、消費者金融にはそれに相当するものがあります。
消費者金融では、借り過ぎや多重債務、それに伴う債務整理を防ぐのを目的として、2010年施行の改正貸金業法により、名義人の年収の3分の1に相当する金額を借入限度額とするようになりました。
これを総量規制といいます。
この総量規制は、消費者金融でのすべての借入に適用されます。
従って、複数の消費者金融を利用していて、借入総額が限度額を超えてしまった場合は、新規に申し込んでも審査に通るのが困難になります。

 

では、銀行はどうなのでしょうか。
銀行は消費者金融とは違って、貸金業法は適用されません。
その代わりに銀行法が適用されます。
ですから、銀行の場合は総量規制がありません。

 

限度額が存在しないので、借りようと思えばいくらでも借りることもできます。
ただ、やはりその人の収入、あるいは他社からの借入額などによって、おおよその限度額はやはり決まります。
たとえば月収20万円の人が、100万以上借り入れているのはやはり不自然です。
ですから、仮にいくらまでと決まってはいなくても、自分の収入で返済できる金額をめどにして借入を行うようにしましょう。
消費者金融の総量規制に定められているように、年収の3分の1までを一つのめどと決めてしまうといいかもしれません。

金融機関でお金を借りたいけど限度額はあるのですか|お金を借りるならどこがいい?関連ページ

お金を借りたい:カードローンを比較